登録申請の流れ

印鑑登録をする場合、市区町村役場に行くと申請書が用意されています。こちらに必要事項を記入して、しかるべき窓口に提出してください。ちなみに印鑑登録をする時に準備すべきものがほかにいくつかあります。まず当然のことながら登録する印鑑が必要です。その他には、本人確認書類も必要です。免許証やパスポートのような官公署の発行する顔写真付きの身分証明書です。そして登録手数料がかかります。自治体によって多少の違いがあるものの、100~300円くらいだと思ってください。

印鑑登録はできることなら自分で行うべきです。しかし平日の日中は仕事の関係で、なかなか手が空かないという人もいるはずです。その場合には、代理人に申請手続きをお願いすることも可能です。代理人を使って印鑑登録の手続きをする場合には、委任状を代理人に持たせる必要があります。登録手続きが完了すると、印鑑証明を発行するにあたって必要な印鑑登録証が交付されます。印鑑証明の手続きをする時には、忘れずに持参してください。

ここまでが一般的な印鑑登録の申請の流れです。しかし印鑑登録は印鑑条例によって定められているので、細かな所は自治体によって取り扱いが異なります。詳しくは自分の住んでいる市区町村役場で確認してください。